TuneCoreで自作曲を配信リリースしてみました。というおはなし。

音楽のはなし

LANDRを使ってみて

以前、LANDRで自作曲を配信リリースしてみたとブログで書きました。

自分の曲がSpotifyやApplae Music等サブスク・YouTube他配信サイトで公開されたのがとても面白く、それ以上に単純に嬉しかったのですがちょっと不満な点がありました。

YouTubeの収益化が厳しい?できない?

自分の曲がYoutubeで利用される・自分でMVを作ってアップするなどの際にも収益化できるように申請ができるようです。LANDR経由で申請ができるらしいのですが、どうやら基準が厳しいらしく「リリース対象外」となってしまいます。

どうやら完全にオリジナルの音源じゃないといけないっぽいです。サンプリングはもちろんフリーのループ素材もダメ。

しかし私の曲はサンプリングもフリー素材もなしの完全打ち込み。それでもダメと判定されたもよう。ソフトシンセもいけないのかな。生演奏のバンドサウンド・弾き語りくらいしか認証されないんじゃないかって気がしてます。
あくまで個人の意見・調べた結果なので間違いがあるかもしれませんが。

TuneCoreでリリースしてみました

LANDRと違い、年間で1400円くらい費用が掛かってしまうというのが痛いですが「いろいろ試したい」という事で。

リリース完了!

問題なくリリース完了! Typeeeというシングルです。

Typeee by wanypeise
Single • 2020 • 1 Song • 3 mins

YouTube コンテンツ収益化サービス

あなたの収益は、YouTube収益の80%になります。
当サービスの手数料は、YouTube収益の20%になります。
*YouTube楽曲の初回登録時(1度のみ)に初期費用¥1,410(税抜)がかかります。

初期費用として1,410円かかるようですがOKみたいですね!

2,800円かけてテスト配信、確実に元は取れないでしょうけど良いでしょう。

というわけで無事に収益化が完了!

もしよろしければ観て・聴いてやってください。

こちらが収益化した音源を使用し制作したMVです。もしよければご覧ください!

wanypeise – Typeee (NanoStudio 1)
wanypeise – Typeee

ストリーミング配信はこちら

スポンサードリンク